国内業者と海外業者の条件を比較

誰でもできるバイナリーオプション

国内業者と海外業者の条件を比較

国内業者と海外業者にはそれぞれ違いがあります。 ではその違いにはどういったものがあるか比較していきたいと思います。

まず国内業者には規制が入り、ハイローオプションが選択できなくなった点を挙げることができます。 また、短期取引も禁止されているため取引時間が長くなってしまいます。

その一方で海外業者には国内の規制が適用されないため、ハイローオプション取引を行うことができますし、60秒や120秒、そして300秒といった短期取引のオプションも選択可能です。

さらに比較できる点があるとすれば、ペイアウト率設定の有無を挙げることができます。 国内業者にはペイアウト率と呼ばれる概念が存在しません。 そのため、もし取引に成功しても返ってくるのは固定額。一番最低設定の国内業者ではチケット1枚に対して1,000円とスズメの涙といっても過言ではない設定になっています。

海外業者ではペイアウト率設定があるために、投資した額に対して返ってくる利益が変動します。 同じバイナリーオプションでもこのように国内業者と海外業者というだけで取引のルールが違うのです。 国内業者と海外業者を比較していくだけでも、海外業者の方が利益を得るための条件が整っていることがわかります。